本文へ移動

ブログ

にじいろブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

水あそびをかねて

2020-08-03
にじいろの管理者のお知り合いの方から、ブロックを超~たくさんいただきました。音符
しかもこのブロック、大きさが半端でありません。(レゴの何倍あるだろうか赤いはてなマーク赤いはてなマーク

子どもたちはみんなブロックあそびが大好き。
水遊びもかねて、みんなでブロックの一個一個をきれいに洗うことにしました。
バルコニーにタライやバケツを準備して、子どもたちも水遊びの格好になり、スタンバイ・オッケー
梅雨明けとともに厳しい暑さが到来し、ひんやりとした水の気持ちよさに、子どもたちの賑やかな声が響きます。
 
さて、肝心のブロックはといいますと、あまりの数の多さに1回では洗いきれませんでした。汗
またぜひお手伝い、よろしくお願いしますね

梅雨明けまでもうすぐ

2020-07-28
今年の梅雨は来る日も来る日も雨ばかりで、ギラギラと照りつける太陽がむしろ恋しい気持ちすらします。
今日も空を見上げながら、途中で雨に遭わないかなぁ~など心配をしつつ散歩に出発赤いびっくりマーク
子どもはやっぱり外が大好きで、大人の手をぐんぐん引っ張っていきます。
梅雨明けには、夏を感じられるお楽しみの機会を作りたいと考えていまーす。上に曲がる右矢印(赤)

本日も畑にGO!ゴー!

2020-07-18
昨日のごぼうに続き、理事長先生のひと声で、本日も急きょ野菜の収獲に行くことになりました~きらきら
向かう先は同法人の事業所「大きなかぶ」の畑。
ここでは理事長先生が、1年を通して色んな種類の野菜作りをしているんですよ~口を広げてにっこりした顔 
この日は、色づいた食べ頃の「アイコ」という品種のトマト
この品種は実がたくさんつき、味も良く、糖度は高くフルーツトマトとしても美味しいといった特徴があるそうです。
子どもたちは、理事長先生からとり方を教わり、たくさん実ったトマトの中から、朱く色づいた実を選んで取りました。
「先生!こんなにとれたよ、みてみて!」と袋の中には、美味しそうなトマトがいっぱい。
収獲を終えた後は、同じ畑で採れたスイカを理事長先生が、「大きなかぶ」の冷蔵庫で
冷やしてくれていて、みんなでいただきました。
暑い中、冷たくひえたスイカは格別で、子どもたちも美味しそうにかぶりついていました
収獲したトマトは、キュウリと一緒に今日もみんなのお土産になりました。
理事長先生、いつもありがとうございます

たくさん掘れたよ~

2020-07-17
今回も同法人「みらい」の梶原主任のご厚意により、ごぼうの収穫体験をさせて頂きました。きらきら
「みらい」のみなさん、ありがとうございます
行くまえから、「あんな長いごぼうが、簡単に抜けるのかな?」
そんな疑問もありつつ、ごぼう畑へいざ出発~。キャンピングカー
 
畑に着くと、たくさんの方々が収穫作業をしている中、大きなトラクターがごぼうの根元の土を深く、掘っているのが見えました。
トラクターが進んだあとは、ごぼうの頭が土からニョキッと出ており、それをがんばって引っこ抜きます。
「う~ん」と力を入れても、、、、なかなか抜けません。汗
今度は、先生や「みらい」の方に手伝ってもらいながら、、、、「抜けた~」と、
長くて立派なごぼうをたくさん収穫することが出来ました。
帰りは、バスの中から手を振って〝さようなら″をすると、「みらい」の方が、みんなで手を振ってくれました。
にじいろに帰り、一本一本きれいに洗ったごぼうは、お土産で持って帰りました。ごぼうの料理は、どうでしたか?
今回も貴重な体験をさせて頂きました色とりどりのきらきら

ワクワク★カレー作り

2020-07-08
7月7日の七夕、外は、大雨 織姫と彦星も会えませんでしたね
でもにじいろでは、みんなで楽しいカレー作りをしましたきらきら
つき組のお友だちが主に行いましたが、もちろんほし組のお友だちにもたくさんお手伝いをしてもらいました~色とりどりのきらきら
玉ねぎ、人参、ウインナーをちょうどいい大きさに切って、、、さらに星の形点滅している星に型抜きしたナスもたくさん入れて、大きな鍋でじっくりコトコト煮ます。(ワクワク
途中でルウを加えたら、さあ~だんだんおいしそうな香りがしてきましたよぉ。
次は、デザート作り 今回は、イチゴのフルーチェいちご
全部出来上がると、お皿に盛り付け、みんなで「いただきま~す!」
みんなで食べると味も格別~2つのハート 「また、したいなぁ~」「今度は、なにする?」と次のクッキングに胸を膨らませていた子ども達です
 
社会福祉法人  敬愛会
〒871-0922
福岡県築上郡上毛町大字東下
1577番地1
TEL.0979-64-7895
FAX.0979-64-7896
0
4
7
0
0
2
TOPへ戻る