本文へ移動

理事長のつぶやき

理事長のつぶやき

RSS(別ウィンドウで開きます) 

コロナが迫っている(>_<)

2021-08-25
令和3年8月25日(水) 天候曇り時々晴れ
 
コロナの脅威が直ぐ側に来ている
緊急の感染対策委員会を23日に行い
敬愛会としてコロナアラートを発令し
職員並びにご利用者に再度、緊張感を持った制限を
お願いする事となった
入通所者並びに職員の感染者がでない事を願うばかりだが
こんな田舎でも市中感染の広がりを目の当りにしていると
レッドラインが超えているのでは考えてしまう
ワクチン接種と合わせて早急な治療薬の開発が望まれる
日経新聞の8月20日のコロナ病床の実態調査の記事にも
憤りを覚えるがこのコロナ禍で大切な命が
一人でも救えるようにしっかりと向き合って頂きたい
最後に誰もが感染したくない
だからこそ、コロナ感染者への誹謗中傷は
行ってはならないと私は切に願う

何時終息するの(>_<)

2021-08-22
令和3年8月22日(日)天候 雨時々曇り
 
良く雨が降る 最近お日様を見ないな
かぶ畑の野菜たちも元気がない
お日様が照らす光があって植物は成長する
お日様の偉大さを感じる
話は変わるがコロナ第5波デルタ株
すごい勢いで感染急拡大
インドでの猛威が日本でも
若年層にまで広がっている
救世主のワクチン若年層への接種が急がれる
世界経済も新たな感染拡大で先行きは不透明に
コロナ禍 第5波この非常事態は何時終息するのか?
人間とウイルスの戦いの序章なのか?
先が見えないこの時代に今何ができるか
最善を尽くす努力惜しまず
共に助け合って少しでも前へ

自問した日

2021-08-11
令和3年8月11日(水)天候 雨
 
本日、特別養護老人ホームたいへい苑並びにほほえみ館の
合同慰霊祭が執り行われた
物故者の皆様の遺影は生前の笑顔が輝き
限りある命を全うされたのだと感じ
物故者の皆様に対し心から哀悼の意を捧げたい
今を生きる私たちがこれからの環境を考えたうえで
今までに経験のないコロナ禍による感染症の恐怖
前例のない無観客での東京オリンピック2020の開催
足元ではデルタ株による感染の急拡大
また、IPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)により
人間活動の影響で温暖化が急速に進み
このままだと大変な事態となる
早急に二酸化炭素排出を実質ゼロにするよう指摘されている
今後、人類の執るべき道は…
もう、今までの常識では測り知れない地点に我々は立っている
そんな気がしてならない

今日も熱い

2021-08-06
令和3年8月6日(金) 天候晴れ
 
今日はヒロシマの日だ
原子力爆弾が投下された日
この暑さがみなぎる夏の真っただ中に
あの恐ろしい大量破壊兵器が投下された日
多くの罪もない人々が一瞬で尊い命が奪われた日
私も平和資料館に見学させてもらった
生き地獄とはこの様だと脳裏に焼き付いている
二度とこのような悲惨な戦争が起きないよう願う
私たち日本人は「ヒロシマ」「ナガサキ」を忘れてはならないと
心に誓う

8月から…

2021-07-31
令和3年7月31日(土) 天候 晴れ
 
7月も今日で最後
人間力の養いは自分しかできない
他者は問えばヒントは頂けるが
実践するのは自分自身だ
常に課題が目の前にある
見て見ぬふりをするのか?
そもそも、気付いてないのか?
人生の厚みに大きく影響する
8月から再び週3回豊前の障がい部に赴く
敬愛会のスタート地点だ
文化の充実をより高みを求め赴く
事業には目的がある
客観的視点から障がい特性を理解し
支援の幅を広げたい
さあオンリーワンのサービスの実践だ
ただし、かぶ畑の野菜収穫は5時台になるかな(>_<)
社会福祉法人  敬愛会
〒871-0922
福岡県築上郡上毛町大字東下
1577番地1
TEL.0979-64-7895
FAX.0979-64-7896
0
7
7
3
0
8
TOPへ戻る