本文へ移動

理事長のつぶやき

理事長のつぶやき

RSS(別ウィンドウで開きます) 

つぶやき頑張るぞ!!

2015-07-20
 平成27720日(月)天候晴れです。夜は蒸し暑く朝から日差しもジリジリとして夏本番ですね。熱中症にならないようにこまめの水分補給に心がけたいです。

先週から忙しく、つぶやきもあまり書けませんでしたが、先週は現在、病気療養中の敬愛会前理事長の大竹先生と久しぶりにお話ができ、以前の用に張りのある元気な声が聞けて良かったです。お互いの近況を話せてとても懐かしく、笑い声もいつもと変わらず、もうすっかり良くなっていると感じました。大竹先生もしばらくリハビリを専念して友枝に帰りたいと言ってくれたので会えるのがとても楽しみです。

その他、今年度開所予定の就労継続A型事業に伴う、取り組みの計画性を含めて、敬愛会の理念の実現に向けて関係者からの叱咤激励もあり、自分の甘さ、未熟さを痛感する先週でした。ちなみに週末はストレス発散のため大きなかぶの家庭菜園の手入れに没頭し、頑張りすぎたので今日は少し眠いですね。まあ、とにかく苦労がある分幸せの意味、大切さが実感できるのだからと父がよく言いますので、今の苦労をしっかりと肥やしに出来るように真摯に取り組んでいきたいと思います。今日も自分勝手なつぶやきでした<(_ _)>

なんでも難しい。

2015-07-16
 平成27716日(木)天候曇り大型で速度の遅い台風11号が四国に接近中です。

梅雨からの長雨で土砂に水分が多く含まれている時の今回の台風がどんな災害をもたらすかわかりませんが、地盤の弱い地域にお住まいの方は早めの避難に心がけて下さい。

 昨日は朝早くから、草刈り等をして、そのあと土壌改良の有機液の実証試験を見学に恵光園さんにお邪魔をしました。試験は有機液の消臭効果を行うものでした。農業は常に匂いとの戦いでもあります。住宅が以前は農地だった所に点在し、農業を知らない人たちが田んぼや畑の周りに住みだすことで以前にはなかった様々な問題が発生します。

農家がいくらあなたたちが農地があったところに家を建てたのだからと匂いや農薬散布、音、土の路上への持ち出し等の苦情を言われても仕方がないと云うことは全く通用しません。農家がそれらの問題にしっかりと対策を打たなければ地域での農業は厳しいと言えます。しかし、この地域で起きていることはそれらの対応ができない人が増え、生産性の合わない農地は耕作放棄地として雑草が生い茂っている現状にあります。これもまた、地域では雑草による害虫発生、花粉等によるアレルギー症状で行政に対して苦情が多いのも事実です。

 この様な中、農家は人手がいません。地域住民の理解が厳しい昨今、自分たちがこの環境で、どう農業と地域が共生する仕組みができるかが大切です。その一つに、今回の有機液の取組も含め新たなチャレンジが農業の未来を変え、地域との共生を作る一つのツールになると思います。またまた、長くなりましたので次回に…

自分勝手な農業つぶやき再開

2015-07-13
 平成27年7月13日(月)天候曇り時々雨です。

 農業の未来について、自分の考えをつぶやきます。これからの農業は明るいか?暗いか?

両方です。今までの補助金ありきの農業は環境保全型農業として国は生かさず殺さずの補助金漬け農業で農家を安く使っていく事でしょう。しかし、このやり方にはリスクは乏しい魅力はあるが、将来は限られています。金融で言うと元本保証型の商品ですね。もう一つは市場ニーズ型農業です。自分たちの地域がどのくらいの市場があるか?何を欲しているのか?地域がらどの作物が適しているのか?等、を分析しその結果どんな作物をオンリーワン化するのか?そして、その作物を地域のブランド化として取り組むことが重要です。市場は美味しいものは当たり前の時代です。そこに、もう一つ二つの付加価値をつけなければ市場受けしないでしょう。だからこその可能性があるのです。金融で言うリスク型の商品になるのでしょうか?わかりませんが?まあ、その仕組みをどう作るかです。次回は仕組みづくりの勝手な私の夢をつぶやきたいです。今日はここまでにします。ありがとうございます。

夏の賞与支給日だ!(^^)!

2015-07-10
 7月10日(金)天候晴れ朝からものすごく蒸し暑いです。つい先達てまでは朝晩は肌寒い日もあったのですが急にこんな天気に身体も対応できないですね。皆さん暑さ対策をしっかりしてください。

今日は大安です。敬愛会の夏の賞与支給日です。ありがたい話しです。無事に職員のみなさんに賞与が支給できる事は、私にとって経営を任せられている人間として本当に至福の時です。職員があっての敬愛会です。私一人では何もできないのは当然ですが、職員一人一人がご利用者のため地域のため奮闘してくれた結果が賞与と云う一つの形で職員に還元できることはとても重要な事と考えています。敬愛会は理念のもと、職員一人一人が求められることは沢山ありますが職員皆がその先のご利用者、家族、地域へとの視点を持っていてくれているから地域の信頼が築きあげられていることを実感しています。人は宝です。職員のみなさん本当にありがとうございます。これからも、健康管理に留意して明るく元気に敬愛会の発展に力を貸して下さい。農業のつぶやきは来週に!

,S今日の賞与支給の姿を写真に撮りました。いい笑顔ですね。

そもそもなんで農業?

2015-07-09
 平成27年7月9日(木)天候曇りです。台風が3つもできていて凄いですね!今日から沖縄の地域が台風の影響で大変みたい?大きな災害が発生しないよう願いたいです。

 話は昨日からの農業についてつぶやきますが、そもそもなんで農業をつぶやい取るんかい?ですよね!すみません<m(__)m>そもそも敬愛会の就労事業で農業をはじめました。豊前市の耕作放棄地を積極的に借り入れ10ha以上になりました。主にごぼうの栽培を行い「べっぴんごぼう」として市場に出しています。ごぼうの産地の作土の深い土壌ではなく、昔は田んぼ一定の深さには石があるごぼうには悪条件の環境ですが、畝を盛り上げ田んぼのエネルギー満載の土で作るごぼうは風味豊かで香りが高いのが特徴です。地域でも美味しいと言って頂ける商品になりました。

 しかし、福祉で行う農業には限界があります。それは福祉は非営利だからです、農業を通じて障がいのある方の工賃としてのみの利益が目的であり、そこにより利益を生み出すといった文化はなかなか育ちません。そこで、敬愛会の農業を民間の農業生産法人に切り替え利益を生み出す企業への転換を行いました。そこには農業のプロが必要です、私の実弟である熊谷道久を代表に据え、無報酬でこれからの福祉・農業・地域の為に力を借りています。

 弟は父の会社の農業生産法人の専務であり、40haの農地を米麦野菜、契約野菜などを栽培実績のある弟です。私は医療・福祉でしか生きてきませんでしたので、農業のプロである弟に力を貸してもらえることは大変ありがたいです。さあこれからです。長くなったので続きは次回に…

社会福祉法人  敬愛会
〒871-0922
福岡県築上郡上毛町大字東下
1577番地1
TEL.0979-64-7895
FAX.0979-64-7896
0
8
7
4
5
1
TOPへ戻る